ニュース

ビックデータを活かしたソリューションの開発に着手

お知らせ

2018.08.27

キャピタ株式会社(本社:東京都新宿区、CEO:我妻 孝一)は民泊ビックデータを活かしたソリューションサービスの開発に着手を致しました。

民泊業、不動産業、建築業、左記関連業者の方々を対象としたソリューションを提供致します。

本サービスでは民泊ビックデータに加え、都市計画情報・地盤調査結果(ボーリング調査)・地価公示・路線価・建蔽率等、様々なデータをマップ上で閲覧、管理、ダウンロードが可能となります。

マップはgoogleマップと連動しており、航空写真での閲覧、検索キーワード(住所/建物名/施設名等)での絞り込み等も行うことが出来ます。

CAPITAソリューションは2018年11月末日よりβ版の提供を開始する予定です。